カテゴリー別アーカイブ: 試験

簿記2級の試験への心構えと持ち物が要?【試験】

日商簿記2級の試験は、大きく分けて、商業簿記3問・工業簿記2問が出題されます。試験時間は120分で、70%正解していれば、合格です。つまり満点を取る必要も平均点を気にする必要もなく、どの試験の回でも70点取れればいいのです。

とはいえ、難易度のところで詳しく記載しますが、日商簿記はその試験ごとに合格率が約10%未満~40%台後半を推移し、非常にムラがあります。確実に合格する為に、合格率が非常に低い試験でも70点以上を獲得しようと思うと、合格率の高い試験の過去問はほとんど完璧にとけるレベルまで勉強しておかないといけません。その為、過去問を解く際は、どの試験でも80%~85%は取れるよう練習しておきましょう。

また、意外と対策が必要なのが、持ち物です。
まず、簿記の試験に欠かせないのが電卓。120分という時間は余裕があるようですが、過去問などを解いてみると非常に短い時間だということが分かるでしょう。その中で、使いやすい電卓と使いにくい電卓では時間の使い方が全く違ってきます。自分の使いやすい電卓を選び、さらに使いこなせるよう練習しておくことが合格の必要条件ではないかと思います。

次に試験会場は冷暖房が必要以上にきいているということが、よくあります。特に女性の場合、冷えにより集中力を妨げられることが考えられます。ひざ掛けや上着など着脱しやすいものを用意しておくとよいでしょう。

最後に、試験当日は30分ぐらい前には席につけるよう会場へ行き、自分がよく間違える箇所をまとめた「間違いノート」を確認して、落ち着いて本番を迎えましょう。