簿記2級の勉強方法と注意点【勉強法】

日商簿記2級は全国の商工会議所が実施している資格試験です。簿記には簿記能力検定や簿記実務検定などいろいろな種類の資格試験がありますが、一般的に簿記2級といった場合、日商簿記2級を指します。


どの業界、企業や団体であっても、総務・経理部を必要としないということはありません。
日商簿記2級は、実用性が高く、財務諸表を読む基礎を学び、企業の経営状況を把握できたり、株式会社の経営管理についても学びます。

総務・経理部で働くことはもちろんですが、それ以外の部署でも活躍の場がたくさんあります。数字を読む能力は近年、特に求められています。総務・経理部の他、営業部、販促に関わる部署では必ず必要とされるでしょう。2級では工業簿記も学ぶ為、工場の事務でも需要があるかもしれません。その為、2級を取得するということは、人事異動や昇格の武器にもなりえます。


また、これから求職していく方は履歴書にて、十分アピールに使える資格です。人柄やコミュニケーション能力が重視される近年の面接の傾向ですが、企業の中には、面接以前の応募の段階で条件を簿記2級取得済みとしている会社も実際にあります。特に、即戦力として求人をかける際には、ひとつの指標として重視して考えられているでしょう。


さらに、事業を起こす際、大きくする際には財務諸表が読めなければいけません。簿記2級は経営者にとっても必要な知識です。その為、一般社員から経営者、誰にでも役に立つ知識といえます。


日商簿記2級の合格者は小学生から社会人と幅広く、何歳からでもチャレンジ出来る資格です。就活生やビジネスマンが、取得に挑戦するのはもちろんですが、最近では学生の方でも大学受験にあたって推薦入試やAO入試のアピール材料に使えるようです。


簿記2級の勉強方法と注意点【勉強法】


簿記対策の勉強法として、重要なことは、テキストをしっかり理解して、問題を何度も解くことです。こう書くと当然のことですが、日商簿記2級の試験ではスピードが求められます。
計算式そのものは足し算・引き算・掛け算・割り算がほとんどですが、桁数が多く、またややこしいことが多いので、体で覚えるぐらいの勢いで計算に慣れておくことが必要です。


まずは、テキストを流し読みして、全体像をつかみます。さらにもう一度、テキストを読み、理解を深めます。
テキストによっては、書いている内容の順序が違っていることもあります。これは3級での例になりますが、私の友人数名は最初に貸借対照表を勉強し、理解出来ず、簿記の取得を諦めたそうです。
私自身は、貸し方・借り方の意味、仕分けから勉強し、短期間の勉強で3・2級を同時取得出来ました。2級でも相性のいい項目やテキストがあると思うので、取っ掛かりやすい部分から勉強を進めてみるのもいいかと思います。


1章終わるごとに読み終わった部分の問題を解いていってもいいでしょう。
初めて問題を解く際に、全くやり方が分からないということも珍しくありません。これはかなりやる気が削がれますが、最初は分からなくても問題ないので、解答と解説を読みながら問題を解いてみましょう。
試験直前までの仕上げには、予想問題や過去問のテキストを2~3周しておきたいところです。


最後に問題を解く際に身につけておきたい習慣が、桁区切りの「,」(コンマ)です。簿記では6~8桁の数字を取り扱うことがほとんどです。普段、例えば「千」を「1000」と書く癖がある人は、練習中から「1,000」と書くようにしておきましょう。本番では「,」に気を取られている時間はありませんし、採点する担当者によっては「,」が無かったことによって間違いとされる場合もあります。

簿記検定を独学で挑戦するあなたへ
http://www.think-boki.com/